一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -
100124_1627~020001.jpg

21日 献花式
22日 ねえやんライブ
わたしをぽとりと落とすのはおんがくで、
わたしをさらりと掬いあげるのもおんがくだ

彼について
区切りをつける、とか、そういうことが欲しかったのだけれど、とてもじゃないけれど受け取れなくて 今この瞬間も信じきれなくて なぜ彼であって、わたしじゃないんだろう と、考えはじめてしまって 電車の中でぼんやりしていると急に悲しみがやってきて、ぎゅうっと我慢をする日々が並んだ
ねえやんが、欲しいことばをなにもかもくれた もし、彼のうたう声をわらってきける日がくるならば、わたしはそのときまで生きていたい、と思った
今も悲しいけれど、苦しいけれど、だけど、あいしているよ ばかやろう、あいしてるんだよ
nikki | comments(0)
- | -
Comments